親知らずの抜歯・歯科口腔外科

お口の中に総合的に対応する歯科口腔外科の治療。

歯科口腔外科

歯科口腔外科

歯科医師というと「歯」だけを診る医師と思われがちですが、実際には歯茎や顎の骨といった歯の周辺組織、さらに口唇や頬、舌、顎関節、唾液腺などと広い範囲にわたるトラブルにも対処しています
そのため、当院でも虫歯や歯周病といった一般歯科の治療だけでなく、「歯列矯正」「嚥下障害などの口腔機能の治療」「噛み合わせの総合的な治療」といった分野のこともおこなっています。

そうした中でも親知らずの抜歯は、口腔外科のエッセンスが詰まった治療といえます。
なぜなら、「歯茎を切開・剥離する」「骨を削除する」「そのままでは抜けない歯を分割する」「抜歯後の予後の経過観察」といった外科的処置を、奥歯のさらに一番奥という部位で安全におこなわなければならないからです。
もちろん、長時間かけては患者さまの負担が大きいですから、感染予防に配慮しつつ、それでいて正確な抜歯をおこなう必要があります。吹田・江坂のKデンタルクリニックでは、できる限り痛みの少ない親知らずの抜歯を行えるよう心がけておりますので、親知らずの抜歯をご検討中の方は、まずはご相談にお越しください。

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

親知らずは20才前後以降になってから、お口の一番奥(前歯から数えて8番目)の上下に生えてくる永久歯です。
しかし「水平埋伏歯」といって、一部の親知らずはまっすぐ生えることができずに、歯茎の中に埋没します。
その原因には、昔と違って現代人は食生活の変化により顎のサイズが小さくなってきているなどといったことがいわれています。

智歯は既に生えている奥歯などと干渉して生え出ることができないケースだけでなく、場合によ
っては顎の骨の中に埋まっているため抜歯には十分な診断と歯肉のコントロールが大切です。水平にはえている智歯の正確で素早い抜歯には熟練の技能が必要です。


また、親知らずは必ず抜かなければならないわけではありません
まっすぐ生えていて、かみ合わせに不具合がなく、異常が発言しない環境下では問題ありません。
しかし、他の健全歯ににダメージを与えるようであれば、抜歯するということになります。親知らずの抜歯をご検討中の方、痛みが出ている方は、吹田・江坂のKデンタルクリニックへご来院下さい。

お気軽にお問合せください 06-6192-7799

MENU

  • HOME
  • 診療時間・地図・クリニック紹介・院長・スタッフ紹介
無痛治療
  • 費用一覧
  • 求人・採用
ご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。
アクセス


〒564-0043
大阪府吹田市南吹田5-1-30

詳しくはこちら