Staff Blog

2014年10月31日 金曜日

いびき治療は大阪府吹田市にある当院へ

いびきをかいているかたはいびきをしているという自覚がありません。
しっかり睡眠をとっているのに昼間に眠たくなる、
寝ている時に息が詰まることがあるなどがあるかたは、
いびき治療をしないといけないと言えます。
放置をしておくと、呼吸困難になるケースもあるので、
しっかり治療をしないといけません。

いびきをかいてしまっている原因は、
空気の通り道が狭くなっていることです。
特に肥満体形のかたが、通り道が狭くなってしまっているケースが多いので、
注意をしないといけません。
すぐに治療をしたいというかたは、手術をするのがおすすめです。
手術をすることにより、空気の通り道が広がるので、
いびきはなくなりますが、再発するケースもあるので、
慎重に考えないといけません。
マウスピースを付けて治療をするという治療法も存在しており、
簡単な治療法ですが、効果は限定的であり、
重症者には大きな効果は期待できません。

いびきぐらいと簡単に考えているかたもいると思いますが、
寝ている時に呼吸ができなくなるというケースもあります。
周りに誰かいれば、助けを求めることができますが、
お一人で住んでいる場合は、助けを求めることもできなくなってしまうので、
治療に前向きになってください。

投稿者 Kデンタルクリニック | 記事URL

2014年10月24日 金曜日

大阪府吹田市で口内炎の治療なら当院にご相談ください

口内炎は、ビタミン不足や不規則な生活、
喫煙などの生活習慣が影響して、口内炎を引き起こすウィルスが、
口腔内および唇などで感染が広がってしまい、
炎症を引き起こす状態です。

ブラッシングなどの習慣が無い方や、不規則に食事を取られる方、
徹夜などの生活リズムが崩れている方が引き起こすことが珍しくない症状で、
一度、習慣化してしまうと、なかなか改善出来ないことが特徴の一つです。

口内炎になると、ご自身も食事のときに違和感を覚えるようになり、
患部を避けるように食事をするため、他の方から見ても、
違和感を持たれることも決して珍しいことではありません。

大阪府吹田市で口内炎を専門に治療をしている当院であれば、
患者さまの状況に応じて、臨機応変に治療を進めることが可能です。

痛みがひどい、症状が荒れてしまい、治療が困難な場合などについても、
ぜひ早めに専門に治療をしている当院にご相談いただければ、
確実に症状をケアすることが可能です。

口内炎が舌やほほなどに感染が広がってしまった場合には、
確実に原因となるウィルスを除去して完治させなければ、
再発する恐れもありますので早期に治療をしてください。
痛みがひどい場合は決して放置しないことです。

投稿者 Kデンタルクリニック | 記事URL

2014年10月10日 金曜日

いびき治療を行いたい場合は大阪府吹田市ある当院にご相談下さい

いびきは一般的に睡眠中に起こることで、
呼吸に伴って起こる雑音の事を指しています。
これが起こる主な原因としては睡眠中は重力が下に下がり、
気道が狭くなる事でのど元の組織が振動してしまう事で起こります。

単純性のいびきであれば鼻づまりや飲酒などの要因によって、
引き起こされる事があり、これには危険性はありません。
しかし問題なのは無呼吸を伴っているいびきです。

無呼吸を伴ういびきに関しては睡眠時に常時いびきがあり、
とても音の大きい騒音となってしまう事が多いです。
無呼吸を伴ういびきを放置してしまうと、
重病を引き起こしてしまう事があり、
結果的に生存率を低めてしまうという事になります。

いびきを解決する治療方法として用いられるのは、
一般的には「鼻づまり」の解消が挙げられます。
鼻づまりが原因で行なっている場合には、
点鼻薬を服用する事で鼻呼吸をしやすくします。

一方で無呼吸を伴ういびきが起こっている可能性がある場合、
マウスピースによる治療や肥満の解消を行なう事もあります。
いずれにしても過度ないびきは危険が迫っている事があります。
誰かに極端に指摘される場合には一度、
大阪府吹田市にある当院にご相談頂ければと思います。

投稿者 Kデンタルクリニック | 記事URL

2014年10月 4日 土曜日

いびき治療は大阪府吹田市にある当院へ

いびきは病気の一種であり、きちんと治療をすることで改善できます。
周りで寝ているかたに迷惑がかからないようになり、
よりぐっすり睡眠をとることができるようになります。
睡眠は人生の約3分の1もの時間となるので、非常に重要な時間です。
昼間の突然眠くなるというかたは、いびきが原因のケースもあるので、
思い当たる節があるかたは、お気軽に当院にご相談ください。

いびきをしているかたは、
舌や咽喉の緊張がとれて空気の通り道が狭くなっている状態となっています。
症状がひどくなると、気道が塞がってしまい、
最悪の場合は呼吸ができなくなってしまう睡眠時無呼吸症候群になります。
睡眠時無呼吸症候群は働き盛りの30代のかたに多い病気であり、
症状が表面化していないだけで多くのかたがなっています。
特に肥満体形のかたがなりやすい特徴があります。

治療はマウスピースを利用する治療法や、
手術により治療をする方法があります。
いびきの状態によって適切な治療法を選択し、
治療をすれば、完治されることは可能となっています。
ご自身でいびきのことがわからないというかたは、
周りのかたにいびきのことを聞いてみてください。
ひどいようでしたら、一度相談をしに来てください。

投稿者 Kデンタルクリニック | 記事URL

お気軽にお問合せください 06-6192-7799

MENU

  • HOME
  • 診療時間・地図・クリニック紹介・院長・スタッフ紹介
無痛治療
  • 無痛治療
  • 根管治療
  • 予防歯科・歯のクリーニング(PMTC)・歯周病治療
  • 親知らずの抜歯・歯科口腔外科
  • 小児歯科について(フッ素塗布・シーラント)
  • 金属アレルギーの方への歯科治療
  • ホワイトニング・歯茎の黒ずみ除去
  • 目立たない入れ歯(スマイルデンチャーなど)
  • インプラント治療
  • 口内炎・口唇ヘルペスの治療・ドライマウス・口臭治療
  • いびき・歯ぎしり治療
  • マウスピース
  • 顎関節症・噛み合わせ
  • 小児矯正・子供の歯列矯正
  • 成人矯正・大人の歯列矯正
  • 部分矯正・プチ矯正
  • 訪問歯科・往診・摂食・嚥下障害のリハビリテーション
  • 費用一覧
  • 求人・採用
ご予約・お問い合わせはお電話にて承ります。
アクセス


〒564-0043
大阪府吹田市南吹田5-1-30

詳しくはこちら